--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.11

« よし!暑いから怪談を書こう! »

今朝の記事ではドン引きした人が何人かいると思う。

うん。

ちょっと浸りすぎてるとは思ってた。

ポエムっぽくなってたし。

しかもちょっとエロ入っちゃってたし。
(↑そんなつもりはなかったんだけど。。。)

なので今日はもう一個アップします。

暑いので、怖い話。


      ★


あれはまだ、私が学生だったころ。

夏休みの間だけコンビニのバイトをしてたんだけど、
そこにバイトの長みたいな男がいた。
(↑メガネをかけてたから、メガネと呼ぶことにする)

メガネはまだ大学生のくせに、もうなんつうか
口から出てくる言葉はほとんどセクハラみたいな。

すんげー打率でセクハラみたいな。

私はバイトの初日に何故か手をつながれ
(※握手じゃないやつ!)

「彼氏はいないよね?オレ、彼氏いる子って苦手なんだよね。」

とか言われた。

(意味がわからん。。。)


他のバイトの人に

「あの人、なんかちょっとおかしくないですかね?」

って言ってみた。(←勇気を出して。)

したら

「あー、新人さんにはいっつもそうなんだよ。
時間がたったら勝手に冷めるから、まあちょっとガマンして。」

って言われた。


・・・・・・・。


でもまあ、夏休みの間だけだし。

ガマンできないほどでもないし。

って、私はわりと上手に流して1ヶ月を終えたと思う。


バイト最終日。


最後の労働を終えて、お世話になりました。って店を出たら、
何故かメガネが笑顔で待っていた。

「あ、あれー?どうしたんですかー?」と私。
(声が上ずるのを隠し切れなかった。。。)

「ん。待ってたんだよ。ナオちゃんに言わなきゃならないことがあるんだ。」
と、変に偉そうなメガネ。


告白かー。

と頭の中でため息をついてしまった。
(こんなに告白を億劫に思ったことはない。)


んで、もうさっさと終わらせてくれ!と開き直って、聞いた。

したらね。

したらね。


「まず、これを読んでほしいんだ。」

って大学ノートを渡された。

A4だった。

Campasのだった。

おそるおそる、開いた。

そこには、メガネと私のラブロマンスが小説として書かれていた。


(うーわー。)


と心の中で叫びながら必死で読んだ。


その中で、私とメガネは
棚卸のときに手がふれあって、ドキっとかしてた。

2人でラベンダー畑にも行ってる。
(そこでメガネは、やっぱりこいつが好きだ!とか思ってる)

花火大会では、私が浴衣を着て恥らっている。


うーん。。。

すごくこわい。

でもね、まだそこまではガマンできた。

ちょっと面白がる余裕もあった。


最後。


私達は夜の海に行ったらしい。

そこで、私は「泳ぎたーい!」
とかお茶目なことを言って、ワンピースを脱ぎ捨てる。

全てを脱ぎ捨てる。

メガネはそれを見て

キレイだ。

とか思う。


・・・・・・・・・。

























きゃーっ!!! 


↑思わず文字を変えました。



「僕はこれだけ、ナオちゃんのことを思ってる。」

とメガネは言った。


私は、

「あの、本当、お気持ちだけで。すみませんっ」

ってノートを押し付けて頭を下げた。

そんで、全速力で走って帰った。


夏の怖い話。

涼しくなったでしょうか?



  

 ↑どうでしょうか? 
スポンサーサイト

その他の整理できないもの:  トラックバック(-)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

うぅ~・・・愛されすぎるのも怖いね(´ω`;)
私にはそういう経験ないけど、想像するだけで怖い・・・
怪談より相当怖い。
私ね、お化けとか幽霊より何よりも怖いのは人間だと思ってる。
死んだ人じゃなくって生身の生きてる人間・・・
あ、別に何かされたとかじゃないですけどね(笑)
夜道を歩くときには背後に気をつけてw

さくら:2006/08/11(金) 14:55:08 | URL | [編集]

すごい…
恋をすれば誰もが妄想族になるけど、
それを相手に公表できちゃったあたりが
メガネのポテンシャルの高さをうかがわせますね。

とか言ってる場合じゃない!
ナオさんが無事でよかったです…

冷えました!夏にぴったり!

りり:2006/08/11(金) 15:05:01 | URL | [編集]

(^-^*)/コンチャ!
すごい告白です。。。小説書けちゃうぐらいラヴだったんですかね。
でも一歩間違えると怖いです。すごい妄想力!
冷房より冷えました(((=_=)))ブルブル

なおちん:2006/08/11(金) 16:00:10 | URL | [編集]

なんとも恐ろしい怪談だったワンッ!
メガネ恐るべし・・・ブルブル@@;
ご主人様にも、こんな告白だけはヤメとけって言っておくワンッ!

ちゃこぼ:2006/08/11(金) 16:39:51 | URL | [編集]

ナオさん笑っちゃった失礼!
やっぱり妄想大国だね日本は!
そのなかの一人ですが・・・。

でもその妄想を言ってはいけないよね~ぇ。
もうそうは一人で楽しむものなのに。

akiko:2006/08/11(金) 20:04:02 | URL | [編集]

>さくらさんへ
愛されてるっていうか。。。
なんか誰でもいいっぽいんですよ。
新人さんにはみんな惚れるって
バイトの人が言ってました。(やれやれ)
本当に怖いのは人。
納得です!気をつけましょう。

>りりさんへ
私もけっこうな妄想家ですが、メガネさんには完敗です。
すごい詳細な妄想でした。
(頭はいいっぽい。某有名大学の学生だったし。)
冷えますよね。ぞーっ。

>なおちんさんへ
最後の、すっぱ妄想がね。
私は本当に冷えたんですが。。。
妄想でクールビズです。

>ちゃこぼさんへ
ちゃこぼさんのご主人様は、きっと
こんな怖い告白はしないと思います 笑
ちゃこぼさんはどんな告白をするんでしょうね。

>akikoさんへ
本当、一人で楽しんでほしかったです!
ちょっとした短編くらの長さになってましたからね。。。
途中までは私も笑ってたんですけどね。。。
akikoさんも気をつけてください。

ナオ:2006/08/11(金) 23:36:49 | URL | [編集]

こえー!!怖いけど、ちょっと面白いー!!
メガネ君が、どのポイントでナオさんにドキッとしたかが気になりますよね・・やっぱり棚卸しかな・・。
そのノート返さずに持って帰っていたら、ナオさんを尊敬します・・・あはは☆

なぎさ:2006/08/12(土) 01:13:14 | URL | [編集]

>なぎささんへ
私も途中まではちょっと面白かったです。。。
メガネ君はすべての新人バイトに恋をするようなので
私にドキってした瞬間は
入店時と思われます。
あのノート持って帰ってくればよかったかな?

ナオ:2006/08/12(土) 05:31:58 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。