FC2ブログ

    --

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

08.04

« ビューティフルな日々 »

先日彼から

『昨夜ナオちゃんの夢を見たよ。逢いたいです。』

なんてメールをもらって、まあ浮かれていたわけなんだけど。


電話で話しているとき、ふとその夢の話になった。
(夢自体はなんてことない夢だった。)

したら彼が

「あれ、すごい告白だったんだけど、気づいてくれたかな?」

とか、口ごもる。

???って、私全然わかんなかったんだけど。。。


      ★



『ライフイズビューティフル』っていう映画がある。

私はこの映画が大好きで大好きで大好きなんだけど、
その中にこんなセリフがある。

「昨夜、君の夢を見たよ。君はとってもキレイだった。」


(以下、ネタバレ注意↓↓↓)








この映画の主人公は口が上手なイタリア男。(ユダヤ系)

もうでまかせっつーか、でたらめに上手いことを言う。

そんで、一目惚れした彼女を丸め込んで奥さんにする。

2人の間には男の子が生まれて、3人は幸せな結婚生活を送ってる。

したら第二次世界大戦が始まっちゃって、
3人はユダヤ系の家族だってことで、
ナチスの強制収容所に入れられちゃうのだ。


でも、この主人公は、決してネガティブにならない。

息子にも、ここは楽しい場所なんだよってでまかせを言う。

で、本当に楽しませちゃおうとするのだ。

そのために命がけのほらをふく。

だから息子は、そこが地獄の強制収容所だなんて思わない。

ちょっとしたキャンプみたいに思いこむ。


「昨夜、君の夢を見たよ。君はとってもきれいだった。」


これは映画の中で、主人公が奥さんに命がけで伝える言葉だ。

強制収容所っていうのは男女が隔離されていて、
もう相手が生きてるのか死んでるのか、
どうなってるのかわかんない。

で、主人公は命がけで放送室に忍び込み、
マイクをジャックしてこのセリフを言う。

収容所中に彼の言葉が響き渡る。

私はこれに、むちゃくちゃ感動したのだ。

命がけのたった一言がこのセリフ。

さすがイタリア人!

愛するために生まれてきたってかんじ。


私は前にこの映画の話を彼にしたことがある。

「あのセリフは、最高の愛してるだよー。」

なんて、語ったと思う。
(つーか、酔っ払ってよく語ってる。)




・・・・・・・・・・。


「もしかして・・・愛してるとか言ってくれてたの?」と私。


「・・・全然伝わってなかったよね。つか、オレ、キモい?」と彼。



キモくはないけどひねりすぎだよね 笑

笑点でもそんなひねりかたしないよ。


でも、私のライフもなかなかビューティフルだなーなんて思いました。


ありがとう。



  
 ↑ポチッつーか、クリッつーか。押してくれたら嬉しいです。 


 
 これだ!
 私の文章じゃあんま伝わってないけど。素敵な映画です。
 DVDもいろんなの出てる。興味あったら検索かけてみてください。
     ↓↓↓
 

ライフ・イズ・ビューティフル ライフ・イズ・ビューティフル
ロベルト・ベニーニ (2005/08/26)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

両思いになってからのごちゃごちゃ:  トラックバック(-)  コメント(11) 

Next |  Back

comments

ヤバイっ!!スゲェ感動したっ!!(´;ω;`)
カッコいいなぁ~・・・
自分の好きな映画覚えててくれて、しかもひねってひねってスキだって気持ちいっぱい伝えようとしてくれてるんだね・・・

いいなぁ~いいなぁ~!!ヾ(*`Д´*)ノ"

もぉ~私萌え死にしちゃうからぁ~!!(ぇ

そういうことしてくれる誠也さんってステキだねw
実は彼もイタリアジン?(←変換して面白いのでそのままwベジタリアンみたいよね。

ちなみに『先日彼から』って書き出しに幸せ感じました(*ノωノ)

さくら:2006/08/04(金) 13:08:40 | URL | [編集]

なんか素敵っす!

そういう風にして彼女を喜ばせようっていう精神がいいな。

読んでるだけで幸せもらった気分です。

きゃん☆:2006/08/04(金) 15:49:43 | URL | [編集]

ほらぁ

良い彼じゃないww

そのちょっとひねってるあたりも
彼の愛情なんだろうなぁ

素敵な人ですね

chacha:2006/08/04(金) 15:51:45 | URL | [編集]

わぉ?!(*ノノ)キャッ

最近映画あまり観ないのですが、読んでいて「あまーい★⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ ヾ(o´Д`)ノィャッホィ♪」でした☆

命懸けで愛を伝える、今から61年前はそんな時代だったんですね(´・ω・`)ショボーン
そう思うと、今、自分が好きな人と愛し合えることって幸せじゃありませんか?(*´▽`*)

きび丸:2006/08/04(金) 15:59:10 | URL | [編集]

順調に「ちゅう」に近づいている感じですね~^^
羨ましいぞぉ~!
やっぱり女性はヒネリのある言葉がいいのかな~?
オイラなんかストレートに「ワンッ!」しか言えない・・・orz(ネタです^^)

ちゃこぼ:2006/08/04(金) 17:22:47 | URL | [編集]

あたしもその映画大好きすぎて、
しばらくは
『ボンジョールノーピチフェッサー(って聞こえる)!!』
って言ってました☆
誰にでも(姫って意味なのに)。

ナオさんが言ってたことを、覚えてくれてたってとこに
大きな愛を感じますね!

りり:2006/08/04(金) 18:50:27 | URL | [編集]

もう次会ったら、ちゅうは確定だね!
ちょっとこの映画知らなかったです。
見たいとおもいました!いや絶対みてやる!

akiko:2006/08/04(金) 20:22:01 | URL | [編集]

ライフイズビューティフル、いい映画ですよね。

家族に対する深~い愛を感じます。

同じように、誠也さんとナオさんのお互いを想う深~~い愛を上の記事から感じます。キャッ!

おしり:2006/08/04(金) 21:27:37 | URL | [編集]

初めの頃から毎日拝見させてもらってます。

私も、絶対好きにはならないと思ってた人の事が気になりはじめ、、、ナオさんの片思いの頃と同じ気持ちでいます。

だから、幸せそうなナオさんのブログ見てるとスゴクすごーく嬉しくて、毎日毎日楽しみにしてます。

パソコン初心者なのでちゃんとコメント残せているか不安ですが・・これからも応援してます。

よつは:2006/08/04(金) 23:42:50 | URL | [編集]

「Life is Beautiful」、好きな映画のひとつです。切なくて哀しいけれど、甘くて…。人が人を想う気持ちは思いがけない外からの圧力にも負けない…。

前に話したことをちゃんと憶えていてくれるなんて素敵ー☆
うらやましーー!!

なるちよ:2006/08/05(土) 09:06:11 | URL | [編集]

>さくらさんへ
私は思わず笑っちゃったんです。
(ダメだったかな?)
わかりにくすぎ~!と思って。。。
嬉しかったんだけど、たぶん伝わってない。。。
ありがとうって、本人に言うべきでしたね。
(反省)

>きゃんさんへ
きゃんさんも彼女さんにすごいラブな感じしますよ。
きっと素敵な彼氏だって、思ってくれてると思います。
彼テク、よかったら使ってください。
(笑われちゃうかもしれないけど。)

>chachaさんへ
なんかだんだん反省してきました 笑
私、すごく嬉しかったんだけど、
なんか笑っちゃったんですよね。。。
でも、うん。
私も素敵な人だと思ってます。
(↑自分で書いておいてなんだけど、すごい気恥ずかしい。。。。)

>きび丸さんへ
本当ですね。。。
実感はないけど、本当にそんな時代があったんですよね。
私は本当に幸せものです。
ご先祖様に感謝です。

>ちゃこぼさんへ
ちゃこぼさんは「ワン!」が愛してるなんですよね?
ストレートで男らしいです 笑
ひねってあっても、そのまんまでも、
嬉しいものです☆

>りりさんへ
あー!わかります~!
あの「ボンジョルノ!」の響きは
耳に残りますよね。
うっとり。。。

彼は記憶力はめちゃいいっぽいです。
(私は全然ダメ。。。)

>akikoさんへ
ちゅうのお話書きますよ。
18禁で。(←うそ)

>おしりさんへ
おしりさんの「キャッ」に萌え1票です。

>よつはさんへ
はじめまして。コメントありがとです。
PC初心者ってありましたが、だったらコメント残すのも、
勇気がいったんじゃないでしょうか?
すごく嬉しいです☆
どうもありがとう。
あの頃の私と同じ気持ちか~。。。
(なんて偉そうに書いてみたけど、正直あんまり実感ないです 笑)
頑張ってください。
うまくいくように、私も祈ってます。

>なるちよさんへ
いいですよねー?
最初に見たのはずいぶん前なんですが、
繰り返し何回も観てます。
憧れです。
彼はもともと記憶力がいいみたいです。
(↑ちょっと言ってみました。本当は照れてます。)

ナオ:2006/08/05(土) 09:31:05 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。